KAGAWA Wi-Fiを利用する

香川県が提供している「KAGAWA Wi-Fi」というものがあります。
主に観光客と災害時の通信手段として提供されているサービスですが、香川在住の人もいつでも使うことが可能です。
スポットは県内に840箇所ほどあります。(2017/4/18現在)

使える場所はこのマークが目印です。 Wi-Fiマークにうどんが盛り込まれていて、いかにも香川らしいマークですね。

使い方は簡単。
Wi-Fiの使える施設に入ったら、Wi-Fiネットワーク一覧を表示し

KAGAWA-WiFi

のSSIDを選択します。 通信の暗号化はされていないため認証パスワードは求められません。 数秒で接続が完了します。 ただ、通信を利用するためにはもう少し手順が必要です。

ブラウザを起動&利用登録

ブラウザを起動して通信をすると以下のような画面が表示されます。
「インターネットを利用する」をタップして進みましょう。

利用規約に同意後、メールアドレス入力欄が出現します。
ここに自分のメールアドレスを入力しましょう。 特に確認メールなどは届きませんでした。

メールアドレスの入力が完了すると、インターネットが使えるようになります。
好きなサイトを閲覧したり、メールを送ったりすることが可能です。

KAGAWA Wi-Fiを使う上での注意事項

県内に接続ポイントが840箇所もあってとても便利なKAGAWA Wi-Fiですが、注意しなくてはならない点がいくつかあります。

1.利用時間と利用回数の制限
1回の接続で30分まで、1日8回接続することができます。
つまり1日240分(4時間)使うことができます。 普通の使い方ならこれで十分だと思いますが、いつでも無制限に使えるわけではないので注意しましょう。

2.通信は暗号化されていない
公衆Wi-Fiを使う上では必ず注意しないといけないことなのですが、KAGAWA Wi-Fiの通信は暗号化されていません。
認証されたお店などしかWi-Fiスポットにはなれませんが、「悪意のある管理者がゼロではない可能性がある」ということを覚えておいてください。
インターネットショッピングなどで個人情報やクレジットカード情報を入れる際には、ショッピングサイトがSSLに対応しているか(アドレスバーに鍵マークがついていればOK)。
ほぼ全てのメールは送信内容が受信内容が見られる可能性がある。
SSLに対応していないページの場合、閲覧や入力内容が全て見られる可能性がある。
SNSのアプリやソーシャルゲームアプリなどで、裏での通信がどうなっているかわからないものは多々ありますが、重要な情報を公衆Wi-Fiで送信するのは控えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です